肌全体をブライトアップ!サプリメントで美白するには?

サプリメントは乳首の黒ずみに効果的?ランキング内には……

美乳になるために、飲むだけのサプリメントで黒い乳首をピンク色にできたらいいと思います。乳首だけでなく全身の黒ずみには、メラニンが関係しています。メラニンというとシミ・ソバカスの原因となる物質。そこで、シミ・ソバカスに効果的と言われるサプリメントを飲んでみるとどうなるのか、他の人が取り入れているかどうか検証してみました。

実はクリームが主流だった!サプリメント派は少数でランキング外

インターネットを調べてみても、乳首の黒ずみ対策として専用のクリームを塗ることが主流です。まれに自己流ケアで保湿を取り入れている人がいるものの、乳首用、またはデリケート用のクリームで対策をしている人がほとんどでした。現在、「乳首専用」の黒ずみサプリメントはありません。残念ながらランキング外の人気。むしろ、ダントツでクリームがケアの主流で1位。サプリメントが人気のない理由は、効果がそんなに期待できないから。飲んで乳首がピンク色になったふれこみがあると、遺伝的要素で黒い人だってピンク色にならないといけません。これは元々の色素細胞を破壊しなくてはいけないので副作用が心配です。また、ホルモンバランスで、妊娠期や授乳期だけ黒くなっていた人は、授乳期間が終わればピンク色になる場合だって多いわけですから、「授乳期をやりすごせば」いいだけの話。元の色に戻る可能性もあります。代謝が悪くなって加齢で黒ずみとなった人も、年齢を重ねるとピンク色になることだってあります。サプリメントを飲まなかったとしても、時期がくればピンク色になる人もいるため、サプリメントの開発には至っていません。

サプリメントを飲んでみたいならこうする!

でも、どうしても乳首の黒ずみ対策としてサプリメントを飲んでみたいと思うのなら、シミソバカスのケアと同じ製品を飲んでみましょう。例えば、「L-システイン」や「ビタミンC」などのサプリメントです。ただし、効果に関しては、即効性を求めないこと。また、あくまでもシミソバカスなどの対策「ついでの」ケアとして乳首の黒ずみの解消を考えておくこと。その理由は、乳首=既にピンク色の色素がついている身体の部位だからこそ。顔のシミよりも乳首は黒いです。もともと色があるのに、その部分を白くしようと思うと全身真っ白になる薬を開発しなくてはいけないことになります。これはムリな話。副作用もありそうで怖いですよね。そのため、乳首の黒ずみ解消は、サプリメントはなくて多くがクリームになっています。飲むサプリは、シミソバカスにも乳首の黒ずみにも幅広く身体全体に効くと思えば、ターンオーバーの乱れを整える意味で利用価値は高いです。ビタミンCは肌ツヤをよくするためにも使えます。美白成分を口からも飲んで治療は、「ゆるやかな結果」を期待するならアリ。1ヶ月分もビタミンCだと500~800円ほどで買えるのが平均で、そんなに費用負担もありません。外食続きだったり、お弁当で栄養が偏っていると感じるなら外からも中からもできる方法として予算があれば挑戦したい方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です