乳首の黒ずみ解消!口コミで評判のいい方法は?

オロナイン、ニベアが使える?乳首黒ずみ解消に

デリケートゾーンの黒ずみは、気になりはじめると、仕方なくなってくるものです。乳首の黒ずみの原因としては、遺伝的要素も強いものの、最初はピンクだったのに次第に黒くなってきた人は、どうしたって気になりますよね。悪化させたくない場合、実はオロナインやニベアのようなクリームで対策できるといいます。本当でしょうか。

原因はどれ?自分の黒ずみ原因は?

乳首の黒ずみ原因について、もう一度おさらいしておきましょう。妊娠・出産のほか、加齢によることもある黒ずみ。肌の摩擦や刺激だと まぶたより皮膚が薄いことから、身体よりもきつい下着をつけてしめつけると、うっすら赤い線が残ることってありますよね。デリケートゾーンのVIOラインは、ショーツなどの摩擦が重なるため黒ずみが起こります。足のつけねがそうです。無意識のうちにしめつけているので、メラニンの生成が活発になってしまい、肌の角質が厚くなってきてしまいます。ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮膚全体のターンオーバーも乱れ、VIOラインだけでなくワキ、乳首、乳輪だって同じこと。黒くなります。30代になると代謝も悪くなり、黒ずみも更に加速してしまいます。重要なのは、この黒ずみ原因、「自分はどうなのか」原因が違うので理解することからはじめたいことです。理由としては、①摩擦を控えて刺激・乾燥を抑えること②メラニン色素の生成を控えるようにすること③ターンオーバーの乱れを予防することでよくなると言われます。

口コミで人気の方法はこの黒ずみなら解消できる!

それぞれの対処方法ですが、①の摩擦による刺激・乾燥は、とにかく保湿すること。乳首の黒ずみは専用のクリームじゃないと対策できないといいますが、①のみであれば、オロナインやニベアクリームでも対応ができます。とにかく保湿をして乾燥しないようにはたらきかけることで、黒ずみを解消できます。もちろん、専用クリームでもOK。保湿をしつつ、有効美白成分を与えます。ただ、②、③ではダメです。なので「使ってみても効果がなかった」のなら、黒ずみ原因は②や③というわけ。ただし、②、③でも解消法があります。

②、③の黒ずみ対策をまとめて説明!

次に②のメラニン色素の生成を控えるようにする対策は、日焼けをできるだけしないこと。バストトップの黒ずみは、直接日焼けしない部分なので、日焼けとは関係ないように思います。ただ、先述しましたが「目からも日焼けをする」ため、サングラスをかけて目からの紫外線をガードすることも有効。また、「体内のメラニン」でいうと、一般的なおでかけをして外出する時は全身に太陽の光を浴びて紫外線を吸収してしまっているわけです。日焼け止めを塗ったり、飲む日焼け止めサプリを継続的に服用したり、美白サプリメントを飲んでおいた方がいいでしょう。③ターンオーバーの乱れを予防するには、肌にいいといわれることをするだけ。肌全体をキレイにする=バストトップの黒ずみ改善になる考え方です。①睡眠不足を治すほか、②血行不良を治す③ストレス改善④栄養不足を改善してビタミンC、ビタミンEの多い食生活を取る、⑤摩擦の起こらないスキンケアをするなどあります。このターンオーバーの乱れには、ゴシゴシ洗顔でも起こると言われています。一番大事なのは睡眠時間で、ゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時~深夜2時まではしっかり眠ること!それを守るだけでも違うのかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です