乳首の黒ずみを〇〇で?叶姉妹もしていたケア方法

乳首の黒ずみケア、クリーム以外だと?

乳首の黒ずみは、元々の乳首の色にも要因があります。白人よりも日本人のような「黄色人種」と呼ばれる人は、メラニン量は生まれもって多いです。乳首がピンクではなくて茶色であることもあります。遺伝もあります。「生理的色素沈着部位」とも呼ばれる乳首。ちょっとしたストレスや変化でメラニン色素が発生する場所で、他部位に比べても黒ずみやすく、黒ずみが目立つ場所です。ケア方法は、圧倒的にクリームが主流。専用クリームが販売されているので、気になる商品を購入してはじめてみるのもいいでしょう。ただ、それよりも安くできる方法があります。それは、叶姉妹も取り入れている方法なのだとか。いったい、どんな方法なのでしょうか。

ヨーグルトで乳首黒ずみケア!方法は?

乳首の黒ずみをなんとかしたいと思った時、一番簡単にできることは「ヨーグルトを使うこと」。ヨーグルトには乳清・ホエーと呼ばれる成分が入っていて、これが美白に効果的と言われています。ヨーグルトはそのままではなくて、ホエーだけを使ってパックをします。プレーンヨーグルトを買うと透明の汁が入っていると思うのですが、それがホエー。ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)を作る要領でホエーだけを抽出します。ホエーは液体なので、クリームではありません。乳首には塗りにくいので推奨方法は「コットンパック」。コットンにひたひたにホエーを含ませて、パックするようにします。1枚のコットンでも、パックをするように3、4枚になるなら裂いて、気になる部分に乗せて5分ほど置いておきます。普段からギリシャヨーグルトを自家製で作っている人なら、ホエーの処理をどうしようか迷うこともあるでしょう。残ったホエーでパックをすると、ピンク色の乳首を手に入れられるかも……。

叶姉妹が実践する乳首黒ずみケアは?

セレブタレントとしてテレビでも活躍する叶姉妹。今は何歳になったのか存じ上げませんが、今でもかなりキレイなままで驚くべき美貌を保っています。その叶姉妹が実践しているバストトップケアが話題です。先ほど紹介したヨーグルトパックをアレンジした方法です。先ほどはホエーを使うと話しましたが、叶姉妹が使うのはヨーグルトそのまま。そうすると、ヨーグルトとホエーに分けなくていいので手軽かもしれませんね。プレーンヨーグルトにはちみつを混ぜ、ハトムギパウダーか小麦粉を混ぜます。そのパック材料を乳首に乗せて、5分ほどそのままにしておきます。そのあとは乳房全体に塗り3分ほどそのまま放置。そして洗い流せばいいそうです。これは叶姉妹のオフィシャルブログ「ABUNAI SISTERS」に「画像つき」で紹介され、画像にも注目された方法とか。高級化粧品を買うこともできる叶姉妹が、行きついた先がヨーグルトパックだった!そこに注目!ヨーグルトなら、スーパーでも購入できるので予算が限られた私たちも実践できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です