口コミで話題!乳首黒ずみ美白のカギとなる「正しい洗い方」って?

肌が繊細だから?乳首の「正しい洗い方」を伝授!

実は、乳首の黒ずみに悩んでいる人は、肌が繊細な人もいます。そこで、乳首の黒ずみ対策ができる「正しい洗い方」を伝授しましょう。叶姉妹はヨーグルトパックでバストトップをパックしていました。30代を超えて代謝が悪くなってくると、特別ケアをする人としない人で、大きな差ができてきてしまうような気がしますね。バストトップ、乳首、乳輪は洗い方がよくないと黒ずんでしまうこともありますが、0円でできる方法ならはじめてみるのもいいような気がします。黒ずみの理由として真っ先に挙げられる「摩擦や刺激」に着目した「乳首の洗い方」。この摩擦、刺激には下着の圧迫感を基本として「洗い方が悪い」「ゴシゴシ洗い」も原因になっています。これは体全体に言えることで、バストトップの黒ずみに悩んでいる人は、同じ理由でデリケートゾーンのVIOの黒ずみ、ヒジ、ヒザの黒ずみもゴシゴシ洗いのため黒ずみになっている理由であることが多いです。かといって、乳首の洗い方って知っていますか?その問いには「教えてもらっていないし知らない」という人がほとんどでしょう。ここでは「正しい乳首の洗い方」を紹介します。そんなに難しい方法じゃないので、すぐにはじめられます。

こうするだけ!美白もできる乳首の黒ずみ対策の洗い方

乳首は、赤ちゃんを産む時に「おっぱいマッサージ」を教えられることがあります。乳首、乳輪の洗い方が悪いと黒ずみが起こりやすくなります。調べてみると、「ボディタオルは使わず」、「指を使って洗う」。この2つが独特でした。ボディタオルはいくら柔らかいものであっても、乳首や乳輪の皮膚に刺激になってしまうため、「N.G.」。指だけなら新たに購入するグッズはないので、今夜からはじめられます。そして、正しい洗い方は、1.お風呂にまず浸かること(乳首・乳輪の周囲の皮膚を柔らかくする)、2.石鹸やボディーソープを泡立てる(この時はボディタオルを使ってもOK)、3.指を使って、乳首や乳輪の部分を泡で洗う。4.洗い流す。この4STEPでケアは完了です。この時に、できれば泡で洗うので指はできるだけ乳首や乳輪に触れないくらいで、が理想的。1の時には、しっかり毛穴を開かせたいのでお風呂にはしっかり浸かった方がよく、長風呂ができるのなら15分程度。長ければ長いほど新陳代謝が活発になります。

お風呂上がりに乳首の黒ずみ美白クリームを塗る

そして、乳首の黒ずみ解消クリームでピンクにする方法で大切なのは、乳首や乳輪はお風呂上がりに美白できるクリームを塗ることです。これは、乾燥を防ぐため。乳首の黒ずみ原因となる「摩擦・乾燥を防ぐ」は、摩擦も乾燥も2つが主要な原因です。石鹸で乳首・乳輪を洗うと、どうしても普段より乾燥してしまいます。できれば、バスト用の美白クリームがよく、正しい洗いかた→正しい保湿の2つをしたいもの。口コミ評判の高いバスト用クリームを塗って保湿することで、バストトップも次第にピンク色になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です