乳首の黒ずみはなぜ起こる?理由を項目別に説明!

乳首の黒ずみの理由

乳首、乳頭の黒ずみは悩んでいても人に言えない人が多いです。黒ずみの原因として挙げられるのは、「メラニンが色素沈着を起こすから」。これは乳首に限らず、顔や身体で同じことがいえます。シミやそばかすと同様の原理です。紫外線、外の刺激から守るため、身体の中でつくられるメラニン。皮膚が柔らかい部分ほど黒ずみになりやすく、おっぱいの先端部分の乳頭だと先を守るため色素沈着するようになります。シミソバカスだと日光によってつくられるメラニンですが、黒ずみの場合は、①加齢によるもの②妊娠や出産によるもの③授乳によるもの④アトピー⑤ホルモンバランスの変化が代表的です。また、乳首に関しては個人差もあり、元々黒い人もいます。外国人の白色人種と比べて、アジアに住んでいる日本人は、生まれつき薄い茶色や茶色の人も多いんです。では、これらの5項目の原因について詳しく見ていきましょう。

①加齢によるもの

20代後半から起こるターンオーバーの乱れ。これによって角質細胞やメラニン色素が肌に残ってしまい、黒ずみになることが多いです。もしかすると、この原因が一番多いかもしれません。加齢と書きましたが、ターンオーバーの乱れ=仕事が忙しかったり、睡眠時間が取れなかったり、ストレスがあったりすることなので、20代前半でも起こりうる項目です。ただ、加齢のみによる黒ずみは、その後、おばあちゃんになった時にピンク色に戻ることがあります。ピンク色→黒ずみに悩む→ピンク色に、と長い年月がかかるもののの戻る時期を待つこともできます。実は、この加齢=ターンオーバーの乱れが一番乳首の黒ずみとして大きな理由だったりします。若い頃には気にならなかったメラニン。20代後半、30代になって年齢を重ねると、知らない間に蓄積されていた隠れジミが肌表面に出てくることがあります。乳首の黒ずみも同じイメージ。メラニンの排出がスムーズだった若い頃に比べて、生活環境や食生活を整えていかないといけなくなった30代に悩む女性が増えてきています。また、乳首と衣服の摩擦によって黒ずみの原因になったり、お風呂の後にバストケアができなかったことや乳首の乾燥が「蓄積されて」黒ずみになっていることもあります。これは、積極的にバストクリームを塗って対策をしたり、睡眠時間を管理したり、ストレスコントロールをすることが重要となってきます。

②妊娠・出産

妊娠や出産により、ホルモンバランスが崩れます。そのため、マイナートラブルとしてバストトップの悩みを持つ人は多いです。妊娠・出産すると胸が大きくなったり、胸が張ったりします。それと同じで乳首の黒ずみに悩む人もいます。⑤の項目はホルモンバランスの乱れなので、その一部として「妊娠・出産」を考えてもらえればいいです。⑤だと不妊治療などでホルモン剤の投与をしたり、仕事の忙しさでホルモンの分泌が正常ではなくなると該当します。②の場合、妊娠時のマイナートラブルとして妊娠4週以降から、胸が張るような症状や、乳首の黒ずみ、乳首の茶色い変色に悩まされるようになります。妊娠中期になると、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの分泌が多くなり、肌のメラニン色素が増えてしまい、乳首の黒ずみ原因となります。これらは、ホルモン分泌が正常になると落ち着きます。ざくろジュース、アセロラジュースを飲むほか、豆腐や豆乳など大豆製品を積極的に取るようにします。

③授乳

授乳によって乳首が黒ずむのは、端的に言って「刺激」です。刺激を与えると、肌が防御するため皮膚が厚くなります。赤ちゃんが吸う刺激に耐えうるように肌が防御して厚く固くなってくる説もあります。授乳は一時的なものなので、授乳期が終わるとまたピンク色になることが多いです。

④アトピー

アトピー性皮膚炎の場合は、色素沈着が起こってしまうので症例としては重症。湿疹がくりかえされてしまい、カサカサ肌が治療されずにいた場合、肌の保護機能として角質が厚くなっていき黒ずみにつながります。炎症、色素沈着のWパンチで、黒ずみの治療も長期化するおそれがあります。

肌全体をブライトアップ!サプリメントで美白するには?

サプリメントは乳首の黒ずみに効果的?ランキング内には……

美乳になるために、飲むだけのサプリメントで黒い乳首をピンク色にできたらいいと思います。乳首だけでなく全身の黒ずみには、メラニンが関係しています。メラニンというとシミ・ソバカスの原因となる物質。そこで、シミ・ソバカスに効果的と言われるサプリメントを飲んでみるとどうなるのか、他の人が取り入れているかどうか検証してみました。

実はクリームが主流だった!サプリメント派は少数でランキング外

インターネットを調べてみても、乳首の黒ずみ対策として専用のクリームを塗ることが主流です。まれに自己流ケアで保湿を取り入れている人がいるものの、乳首用、またはデリケート用のクリームで対策をしている人がほとんどでした。現在、「乳首専用」の黒ずみサプリメントはありません。残念ながらランキング外の人気。むしろ、ダントツでクリームがケアの主流で1位。サプリメントが人気のない理由は、効果がそんなに期待できないから。飲んで乳首がピンク色になったふれこみがあると、遺伝的要素で黒い人だってピンク色にならないといけません。これは元々の色素細胞を破壊しなくてはいけないので副作用が心配です。また、ホルモンバランスで、妊娠期や授乳期だけ黒くなっていた人は、授乳期間が終わればピンク色になる場合だって多いわけですから、「授乳期をやりすごせば」いいだけの話。元の色に戻る可能性もあります。代謝が悪くなって加齢で黒ずみとなった人も、年齢を重ねるとピンク色になることだってあります。サプリメントを飲まなかったとしても、時期がくればピンク色になる人もいるため、サプリメントの開発には至っていません。

サプリメントを飲んでみたいならこうする!

でも、どうしても乳首の黒ずみ対策としてサプリメントを飲んでみたいと思うのなら、シミソバカスのケアと同じ製品を飲んでみましょう。例えば、「L-システイン」や「ビタミンC」などのサプリメントです。ただし、効果に関しては、即効性を求めないこと。また、あくまでもシミソバカスなどの対策「ついでの」ケアとして乳首の黒ずみの解消を考えておくこと。その理由は、乳首=既にピンク色の色素がついている身体の部位だからこそ。顔のシミよりも乳首は黒いです。もともと色があるのに、その部分を白くしようと思うと全身真っ白になる薬を開発しなくてはいけないことになります。これはムリな話。副作用もありそうで怖いですよね。そのため、乳首の黒ずみ解消は、サプリメントはなくて多くがクリームになっています。飲むサプリは、シミソバカスにも乳首の黒ずみにも幅広く身体全体に効くと思えば、ターンオーバーの乱れを整える意味で利用価値は高いです。ビタミンCは肌ツヤをよくするためにも使えます。美白成分を口からも飲んで治療は、「ゆるやかな結果」を期待するならアリ。1ヶ月分もビタミンCだと500~800円ほどで買えるのが平均で、そんなに費用負担もありません。外食続きだったり、お弁当で栄養が偏っていると感じるなら外からも中からもできる方法として予算があれば挑戦したい方法です。

乳首の黒ずみ解消!口コミで評判のいい方法は?

オロナイン、ニベアが使える?乳首黒ずみ解消に

デリケートゾーンの黒ずみは、気になりはじめると、仕方なくなってくるものです。乳首の黒ずみの原因としては、遺伝的要素も強いものの、最初はピンクだったのに次第に黒くなってきた人は、どうしたって気になりますよね。悪化させたくない場合、実はオロナインやニベアのようなクリームで対策できるといいます。本当でしょうか。

原因はどれ?自分の黒ずみ原因は?

乳首の黒ずみ原因について、もう一度おさらいしておきましょう。妊娠・出産のほか、加齢によることもある黒ずみ。肌の摩擦や刺激だと まぶたより皮膚が薄いことから、身体よりもきつい下着をつけてしめつけると、うっすら赤い線が残ることってありますよね。デリケートゾーンのVIOラインは、ショーツなどの摩擦が重なるため黒ずみが起こります。足のつけねがそうです。無意識のうちにしめつけているので、メラニンの生成が活発になってしまい、肌の角質が厚くなってきてしまいます。ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮膚全体のターンオーバーも乱れ、VIOラインだけでなくワキ、乳首、乳輪だって同じこと。黒くなります。30代になると代謝も悪くなり、黒ずみも更に加速してしまいます。重要なのは、この黒ずみ原因、「自分はどうなのか」原因が違うので理解することからはじめたいことです。理由としては、①摩擦を控えて刺激・乾燥を抑えること②メラニン色素の生成を控えるようにすること③ターンオーバーの乱れを予防することでよくなると言われます。

口コミで人気の方法はこの黒ずみなら解消できる!

それぞれの対処方法ですが、①の摩擦による刺激・乾燥は、とにかく保湿すること。乳首の黒ずみは専用のクリームじゃないと対策できないといいますが、①のみであれば、オロナインやニベアクリームでも対応ができます。とにかく保湿をして乾燥しないようにはたらきかけることで、黒ずみを解消できます。もちろん、専用クリームでもOK。保湿をしつつ、有効美白成分を与えます。ただ、②、③ではダメです。なので「使ってみても効果がなかった」のなら、黒ずみ原因は②や③というわけ。ただし、②、③でも解消法があります。

②、③の黒ずみ対策をまとめて説明!

次に②のメラニン色素の生成を控えるようにする対策は、日焼けをできるだけしないこと。バストトップの黒ずみは、直接日焼けしない部分なので、日焼けとは関係ないように思います。ただ、先述しましたが「目からも日焼けをする」ため、サングラスをかけて目からの紫外線をガードすることも有効。また、「体内のメラニン」でいうと、一般的なおでかけをして外出する時は全身に太陽の光を浴びて紫外線を吸収してしまっているわけです。日焼け止めを塗ったり、飲む日焼け止めサプリを継続的に服用したり、美白サプリメントを飲んでおいた方がいいでしょう。③ターンオーバーの乱れを予防するには、肌にいいといわれることをするだけ。肌全体をキレイにする=バストトップの黒ずみ改善になる考え方です。①睡眠不足を治すほか、②血行不良を治す③ストレス改善④栄養不足を改善してビタミンC、ビタミンEの多い食生活を取る、⑤摩擦の起こらないスキンケアをするなどあります。このターンオーバーの乱れには、ゴシゴシ洗顔でも起こると言われています。一番大事なのは睡眠時間で、ゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時~深夜2時まではしっかり眠ること!それを守るだけでも違うのかもしれませんよ。

赤ちゃんを産む前にできるオリーブオイルの乳首黒ずみ対策!美白するには?

プレママから学ぶ乳首黒ずみ美白方法

赤ちゃんを産み育てるにあたって、おっぱいについて学ぶ機会が増えるはずです。そこで提唱されているのが「おっぱいの乳首を貫通させるため」の方法。赤ちゃんが口に含むおっぱい。ただ、そのままの乳首だと、角栓がたまっていたりするわけです。母乳育児を考えているママは、産婦人科からおっぱいの乳首を「掃除しておく」ことを言われます。それが、オリーブオイルを使ったマッサージ方法です。これが美白方法にもつながるかもしれません。

オリーブオイルはこのポイントで選ぶ!

使うものは、家にあるオリーブオイルでも大丈夫。ただ、オリーブオイルはピュアなもので100%オリーブオイルが理想的です。製品を見ると、中には他のものが混ざっているものがあるので「100%オリーブオイル」と表示に書いてあるものを選びます。ドラッグストアにも「オリブ油」と書かれた製品があり、これだと自家製化粧品作りにも用いられるのでいいようです。気になるならこれを選びましょう。こだわる人はバージンオリーブオイル、オーガニック製品を使います。このオリーブオイル、かなり万能で赤ちゃんが産まれた後のボディケアとしても使うことができます。意識高い系のママだと、ベビーオイルは鉱物油なので市販のベビーオイルを使うよりかは、食用のオリーブオイルを使ってボディケアをする場合もあるようです。

オリーブオイルの乳首黒ずみ対策マッサージ方法

この母乳を出すためにできるオリーブオイルを使ったマッサージ方法は、かなり簡単。用意するのはオリーブオイルにコットン、そしてラップの3つだけ。どれも家にあるものが使えるので買い足す必要がありません。マッサージ方法は、オリーブオイルをコットンにしみこませます。量は大体でOK。それを乳首にあてて、その上からラップをかぶせます。これを両乳首。コットンを取ると、最初の1回目は角質だまりがあることも。オイル洗顔で小鼻の黒ずみを除去する時みたいにポロポロと角質が取れてびっくりすることもあります。マッサージはお風呂の前に行うと、お風呂のシャワーで洗い流せるので便利。お風呂に入る10分くらい前に行い、洗い流して習慣化してみてください。お風呂じゃなくても、蒸しタオルなどを作ってふき取ることもできます。

黒ずみ対策として美白にはならないので注意!

もともと赤ちゃんが口に含む乳首の角質を取るためにする方法。何もしていないと角質がたまった乳首からは母乳が出にくいです。出しやすくするため、乳管にたまった「かす」をとるためにも、1度はしておかなくてはいけません。また、乳腺炎予防として定期的に行うと、乳管づまりも防ぐことができます。自己流ケアになりますが、加齢により乳首周辺に角質がたまってしまっているのなら取り入れてみることをおすすめします。もちろん、洗うだけでは乾燥の元になりますから、クリームとの併用厳守。そして、美白するには、バスト用・デリケート用の美白有効成分が入ったクリームを使うことは必須です。このマッサージだけでは「美白」にはならないので注意です。メラニンが生成されると角質が厚くなっていく=乳首周辺に厚い角質ができてしまうため、それを落とすところからはじめましょう。例えるなら、顔の特別ケアでパック→保湿するのと一緒のイメージでしょうか。後から美白有効成分入りのクリームをつけると、しっかり洗浄した分、浸透しやすくなります。

ニベアクリームは乳首の黒ずみ美白に効果的?検証してみた!

ニベアクリームは乳首黒ずみに効果的?

乳首の黒ずみにニベアクリームを使うと美白効果が得られるという方法があります。ニベアクリームの青缶、ためしてガッテンで、「ガッテン塗り」を編み出されてインターネットでは万能としてあがめられています。スキンケアをニベアクリームだけで完了している人もいるようです。安くできるのに、人によってはぴったり合うとされるガッテン塗り、雑誌や無料美容アプリでも紹介されていて、ニベアクリームの青缶が何にでも効果があるようなイメージです。乳首の黒ずみに関して、ニベアの青缶の効き目のほどはどうでしょうか。ニベアには黒ずみを改善することはできません。ただし……「保湿」することはできます、と言っておきます。乾燥による乳首の黒ずみ対策としては友好的、黒ずみ予防はできるということになるでしょうか。あまり期待せずに使ってみて、もしかすると黒ずみがなおるケースもありうるとだけ書いておきます。

ニベアの主成分は?美白に効果的?

ニベアの主成分はオイルです。美容効果もあり、フランスのデュラメールと似ている成分として、一時期話題になりました。ただし、オイルはオイル。乾燥肌の人にとってはいいですが、脂性肌の人からするとべたべたしてしまうだけ。結果として、余計に毛穴詰まりを引き起こすこともあります。ガッテン塗りを推奨されていたのも乾燥肌に傾きがちな30代、40代の人でした。20代の皮脂分泌が活発な人だと大人ニキビができてしまい肌に合わない場合もあります。少量を乳輪周囲にちょんちょんつけるのならいいですが、あまりにたっぷり塗ってしまうとべとべとしてしまい逆効果です。また、バストケアの美白クリームに入っているような美白有効成分が入っていないのも問題です。肌の乾燥は乳首の黒ずみ原因なので、乾燥対策としてならいいですが、あくまでも自己責任で。これは個人的な主観ですが、もしクリームとしてバストケアに使うのなら、どちらかというと、HAKUのような美白有効成分が入った化粧品を使った方が黒ずみ対策としてはいいのかなと思います。これには4MSKと呼ばれる美白有効成分が入っています。ただし、価格が高いことと、バスト用とフェイス用は違うものなので、こだわる人はバスト用を使っていますね。ニベアを使うとするなら乳首の黒ずみが「乾燥によるもの」の場合なら効果が「あるかもしれません」。そして、使うなら前述した「乳首の正しい洗い方」と併用するのがいいでしょう。しっかり洗浄→保湿で、乳首の黒ずみ対策ができます。

おすすめクリームは?

湘南美容外科のクリーム シーオーメディカル 桜色の美乳になれる@コスメのクチコミで、「黒ずみケア部門1位」になった商品。また、楽天リサーチで「医療関係者が使って最もよかったと感じたシミ・黒ずみ商品部門」1位、モンドセレクションの金賞受賞した商品。美白クリーム、無添加、医薬部外品。乳首の美白専用クリーム。90日間の返金保証、